居宅介護支援

ケアプランとは

ケアプランとは、在宅で介護が必要と認定された方に対し、ご自身の身体の状態や生活状況、また、本人やご家族の要望を介護支援専門員(ケアマネージャー)がお伺いして、利用するサービスの種類や内容を決めた「介護サービス計画」のことを言います。

ケアプランはご自分で作成することもできますが、居宅介護支援事業者に依頼し、介護支援専門員に作成してもらうのが一般的です。

費用は全額介護保険給付の対象になり、ご負担はございません。

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは、介護保険制度において、要支援または、要介護と認定された人が適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

介護保険制度の仕組みは複雑なため、介護が必要になったら介護施設、介護事業所に行くとすぐに介護サービスを受けられるわけでありません。

介護施設や介護事業所で介護を受けるためには、ケアマネージャーに介護サービス計画を作成してもらい、はじめて介護サービスを受けることができます。

介護を必要とする方の状況や家族がどのようなことに困っているのか把握し、必要な計画を立て、介護サービスを受けられるようにサービス事業者へ連絡調整、その他の手配をするのが介護支援専門員(ケアマネージャー)の仕事になります。

介護保険申請の流れ

1まずはお気軽にご相談ください。

2介護認定の申請

3要介護認定(介護認定審査会)

4介護サービス計画(ケアプラン)作成の依頼

5利用者の身体状態、生活状況の把握

6介護サービス計画の作成

7介護サービス計画に基づいた介護サービスの開始

介護サービス計画(ケアプラン)作成の流れ

STEP1.お申込み
まずはお電話にて、居宅介護支援センターにお申し出ください。

STEP2.身体状態、性格状況の把握
利用者本人やご家族と面接し、今現在、抱えている問題点や解決すべき課題を分析します。

STEP3.介護サービス計画の作成
サービス提供内容の種類、利用料などを利用される本人の希望や心身の状態をよく考慮して、適切な計画を作成します。

STEP4.内容の確認
作成した介護サービス計画の内容を利用される本人とご家族に説明し、本人やご家族の意向や希望に沿ったものであるかどうか確認します。

STEP5.介護サービスの開始
各サービス事業者と契約し、サービスを開始します。

STEP6.モニタリング
定期的に介護支援専門員(ケアマネージャー)がご自宅を訪問して様々な相談を受けたり、サービス内容の確認を行い助言します。

その他、介護のことは何でもご相談ください!